夜と霧から学んだ「自由はどこにあるのか?」

日本をはじめ世界的なロングセラーである「夜と霧」を読んで学んだことについてまとめてみたいと思います。

この本はプロボクサー村田諒太選手が愛読していると話題になったこともあり、以前から気になっていた1冊でした。

「夜と霧」の原題は「心理学者、強制収容所を体験する」です。

著者である心理学者ヴィクトール・E・フランクルがナチスの強制収容所で実際に体験した出来事や感情について記された本です。

強制収容所内は想像以上に劣悪な環境で、多くの人が飢餓や病で苦しみ、そんな環境の中で日々過酷な労働が課せられました。

また、いつ「ガス室送り」にされて処刑されるかわからない状況だったといいます。

「こんなことが実際に行われていたの!?」と信じられないほど、想像を絶する日々について生々しく描かれています。

 

このような環境の中で、多くの人はまず「ショック(第一段階)」を受けて、その後、「感情が消滅(第二段階)」していったそうです。

内面がじわじわと死んでいき、正常な感情の動きが無くなっていったと記されています。

感情の消滅や鈍磨、内面の冷淡さと無関心。これら、被収容者の心理的反応の第二段階の徴候は、ほどなく毎日毎時殴られることにたいしても、なにも感じなくさせた。この不感無覚は、被収容者の心をとっさに囲う、なくてはならない盾なのだ。なぜなら、収容所ではとにかくよく殴られたからだ。まるで理由にならないことで、あるいはまったく理由もなく。

出典元 : 夜と霧 新版

ここまで過酷な環境では無いにせよ、「感情スイッチをOFF」にして自分を守ろうとする感覚は、過去の自分の経験からも想像ができました。

部活・仕事・人間関係の悩みなどで、似たような感覚を感じたことがある方もいるのではないでしょうか。

 

そんな描写の中で、最も心に残ったのがこの部分でした。

感情の消滅を克服し、あるいは感情の暴走を抑えていた人や、最後に残された精神の自由、つまり周囲はどうあれ「わたし」を見失わなかった英雄的な人の例はポツポツと見受けられた。一見どうにもならない極限状態でも、やはりそういったことはあったのだ。

強制収容所にいたことのある者なら、点呼場や居住棟のあいだで、通りすがりに思いやりのある言葉をかけ、なけなしのパンを譲っていた人びとについて、いくらでも語れるのではないだろうか。そんな人は、たとえほんの一握りだったにせよ、人は強制収容所に人間をぶち込んですべてを奪うことができるが、たったひとつ、あたえられた環境でいかにふるまうかという、人間としての最後の自由だけは奪えない、実際にそのような例はあったということを証明するには充分だ。

出典元 : 夜と霧 新版

どんなに過酷な環境だとしても、内面にある精神は自由であり、いかにふるまうかという態度も自由である。

 

この部分を読んで、 

「自分自身は日常でこの自由をどれくらい大切にできているか?」

「環境に流されて、“わたし”を見失っていないか…?」

と考えさせられました。

 

自分の「内面」と「態度」は自分次第で、そこに自由があることを自覚する。

そして、「内面」も「態度」も在りたい“わたし”で生きていくことを大切にしたいと思いました。

 

「皆さん自身はこの自由を大切にできていますか?」

 

強制収容所という私たちの生活とはかけ離れた環境での話ですが、スポーツや仕事などに置き換えて、自分と紐づけて読むことで、沢山の学びを得られると思います。

今回、最も心に残ったのは「自由」についてでしたが、「人生」「愛」についてなど、読む度にまた新たなことを気づかせてくれそうな奥深い体験記でした。

FLYHIGH Lab.
代表  小田桐 翔大